長押

  1. 和室の化粧材の一種で、鴨居の上部につける「内法(うちのり)長押」をさすのが一般的。元来は、軸組を引き締める役割を果たしていた。柱の最下部の「地覆(じふく)長押」、窓の下につける「腰長押」、天井回り縁の下部の「天井長押」、天井と鴨居の間の小壁につける「蟻壁(ありかべ)長押」などがある。内法長押の目的は、座敷の格づけや安定感を出すためといわれる。長押の断面は下が厚く上が薄い台形。なお、木材の台形断面を「長押挽き」という。