符丁(ふちょう)/暗号(あんごう)

  1. [共通する意味]
      ★当事者だけに本当の意味がわかるようにしてある記号や言葉。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔符丁〕
      符丁をつける
      符丁で話す
    • 〔暗号〕
      暗号を解読する
      暗号
      暗号
  1. [使い分け]
    • 【1】「符丁」は、本来商人が商品に付けた、値段を示す印、符号をいう。転じて、仲間うちだけに通じる言葉のこと。「符牒」とも書く。
    • 【2】「暗号」は、「符丁」よりも伝達したい内容が重大で極秘のものという感じがある。「符丁」も一種の「暗号」ではあるが、「符丁」は、単純な言葉の置きかえ程度のものをいい、複雑なつくりになっているものは「符丁」とはいわない。
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

符丁(ふちょう)
暗号(あんごう)