使い先(つかいさき)/使途(しと)/使い道(つかいみち)/使い方(つかいかた)/用途(ようと)

関連語
(よう)
  1. [共通する意味]
      ★金銭や物を、何のためにどのように使うかということ。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔使い先〕
      使い先がわかっていない金が多すぎる
      ▽経費の使い先を詳細に記す
    • 〔使途〕
      使途のはっきりしない金
      使途不明金
    • 〔使い道〕
      ▽賞金の使い道はこれから考えます
      ▽あいつは何の使い道もないやつだ
    • 〔使い方〕
      ▽シートベルトの正しい使い方
      ▽この工具は使い方がわからない
    • 〔用途〕
      用途の広い素材
      ▽他に用途がない
  1. [使い分け]
    • 【1】五語のうち、「使い先」「使途」は、一般に対象を金銭に限定して、その使用目的をいうが、「使い道」「使い方」「用途」は、金銭以外にも、言語、人、動物、植物、機械、道具など、さまざまな事物を対象として、それをどう使用するかをいう。
    • 【2】「使い先」「使途」は、金銭の確定した使用目的を表わす。したがって「使い先を記録しておく」「使途を記録しておく」とはいえるが、「使い先を考える」「使途を考える」のような使用目的が確定していない場合にはいいづらい。
    • 【3】「使い道」は、最終的にどう使用されるのかを主に表わすが、「使い方」は、使用の方法、途中経過から最終目的まで全般についていう。
    • 【4】「用途」は、事物を使用することになった目的を中心に表わす。文章などで使われることが多い。
  1. [関連語]
    • (用) その事物を使用すれば役に立つということ。「用に供する」「さびて包丁の用をなさない」「用に立つ」
  1. [参照]
  1. [対比表]
    募金の…を明らかにする…の広い木そんながらくたは…がない敬語の…はむずかしい
    使い先
    使途
    使い道
    使い方
    用途
  1. [分類コード]