むしろ/かえって/いっそ

  1. [共通する意味]
      ★二つ以上の事柄を比較して、どちらかを選ぶ気持ちを表わす語。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔むしろ〕(副)
      ▽その服には青よりむしろ茶の靴が似合う
      ▽彼に頼むくらいなら、むしろ自分でやったほうがいい
    • 〔かえって〕(副)
      ▽説明を聞いたらかえってわからなくなった
      ▽見るなと言われるとかえって見たくなる
    • 〔いっそ〕(副)
      ▽団体でぞろぞろ歩くくらいならいっそ旅行はやめにしよう
      いっそのことすべてを打ち明けよう
  1. [使い分け]
    • 【1】「むしろ」は、比較して一方を選ぶ意を表わす。「かえって」は、反対に、予期に反して、の意味なので、比較する二つ以上の事柄が反対の意味を持たないとき、たとえば「りんごよりむしろみかんの方が好きだ」というときには、「むしろ」を「かえって」に置き換えることはできない。
    • 【2】「いっそ」は、むしろ思い切っての意味を持ち、それまでとは違った方向に進む気持ちを表わす。この場合、「いっそ」の後には「いっそ死にたい」「いっそのこと、別れてしまおう」のように、人の意志を示す文が続く。これらの「いっそ」は、「かえって」に置き換えると不自然になる。
  1. [対比表]
    九月のほうが…暑かったこのまま生きていくより…死にたいこの部屋は研究室というより…談話室だ
    むしろ
    かえって
    いっそ
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

むしろ(むしろ)
かえって(かえって)
いっそ