ほつれる/ほどける

関連語
綻びる(ほころびる)
  1. [共通する意味]
      ★本来まとまっているべき結んだり編んだりした糸などが、そのまとまりを失う。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔ほつれる〕(ラ下一)
      ▽ズボンのすその縫い目がほつれる
      ▽セーターの袖口(そでぐち)ほつれる
    • 〔ほどける〕(カ下一)
      ▽帯がほどける
      ▽ひもの結び目がほどけ
  1. [使い分け]
    • 【1】どちらも、縫い目や結び目、あるいは編んだ糸などがとける意だが、「ほつれる」には、とけて乱れるという意味合いがある。また「ほつれる」は、束ねてあった髪や糸などの先が乱れることについても使う。
    • 【2】「ほどける」には、「緊張がほどける」のように、気持ちがやわらぐ、うちとけるの意もある。
  1. [関連語]
    • (綻びる) (バ上一)衣服などの縫い目の糸がほどける。また、花のつぼみがひらき始める意、おかしさや楽しさが思わず表情に出る意にも使う。「袖口がほころびる」「桜がほころびる」「口元がほころびる」
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

ほつれる(ほつれる)
ほどける(ほどける)