特質(とくしつ)/個性(こせい)/特性(とくせい)

  1. [共通する意味]
      ★事物の、他のものにはない固有の性質。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔特質〕
      ▽江戸文学の特質を挙げる
    • 〔個性〕
      ▽作品の個性をよくとらえた評論
      ▽曲の個性をつかんだ歌い方
    • 〔特性〕
      ▽この物質は熱に強いという特性をもつ
  1. [使い分け]
    • 【1】「個性」は、それぞれに備わっていて、他と区別されるような固有の性質。人間を対象として用いられることが多い。「この自動車の個性」「この作品の個性」は、それぞれ対象事物の個体ごとの、固有の性質や特徴について、人間の「個性」になぞらえて表現したもの。
    • 【2】「特質」「特性」は、対象となる事物の能力、適性、性質、性能、特徴といった面についていう。ただし、「特質」が、その特別の性質自体に意味の中心があるのに対し、「特性」は、その特別の性質から生ずる結果に言及する過程で使うことが多い。すなわち、「物質の特質」は、その物質のもつ固有の性質をきわだたせる場合にいうが、「物質の特性」は、その物質の性質から何か生じるか、どのように応用発展できるかという文脈の中で使うことが多い。
  1. [参照]
  1. [対比表]
    素材の…を生かす古代仏教の…物質の……豊かな文章
    特質
    個性
    特性
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

特質(とくしつ)
個性(こせい)
特性(とくせい)