思う(おもう)/考える(かんがえる)

  1. [共通する意味]
      ★物事を理解したり、感受したりするために心を働かす。
  1. [英]
      to think (of,about, over)
  1. [使い方]
    • 〔思う〕(ワ五)
      ▽その意見は正しいと思う
      ▽明日は雨だと思う
      ▽子供のころのことを思う
      ▽負けてくやしいと思う
      ▽心に思う恋人がいる
    • 〔考える〕(ア下一)
      ▽人生を考える
      ▽数学の問題を考える
      ▽新しい方法を考える
      ▽毎日彼女のことばかり考えている
  1. [使い分け]
      「思う」は、想像、決意、心配、希望、恋情など、主観的、感情的に心を働かす意であるのに対し、「考える」は、筋道を立て頭を働かせて客観的に判断する意。
  1. [対比表]
    日本の将来を…おいしいと…税制問題を…子を…母の心なぜ失敗したのか…
    思う
    考える
  1. [分類コード]

国語辞書で詳しい意味を調べる

思う(おもう)
考える(かんがえる)