感動(かんどう)/感激(かんげき)/感銘(かんめい)/感心(かんしん)

関連語
感慨(かんがい)
  1. [共通する意味]
      ★ある物事に触れて、深く心を動かされること。
  1. [英]
  1. [使い方]
    • 〔感動〕スル
    • 〔感激〕スル
    • 〔感銘〕スル
    • 〔感心〕(名・形動)スル
  1. [使い分け]
    • 【1】「感動」は、心が物事を受けとめて深く動かされること。多数の人が一度に感じるときに、「感動の名演技」のようにも使う。「感銘」は、忘れられないほど深く感動し、心に刻み込まれること。
    • 【2】「感激」は、物事に触れて激しく心が動かされ、なんらかの形で外に表われ出るような場合に多くいう。かなり感情的で個人的な場面が多い。
    • 【3】「感心」は、心を直接揺すぶられるというより、情・知の両面から物事に触れて立派だとかすばらしいとか判断し、心が動かされること。
  1. [関連語]
    • (感慨) 心に深く感じてしみじみとした気持ちになること。「感動」よりも静かで、対象と距離を置いた感じが強い。「感慨にひたる」「感慨無量」
  1. [対比表]
    名曲に…する深い…を与える…をよぶ場面…の再会…しない態度
    感動
    感激
    感銘
    感心
  1. [分類コード]