• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

間違いやすい英語

日本人が間違いやすい英語表現を、現役のネイティブ英語講師が分かりやすく解説。ビジネス、旅行等に役立てよう!

Lesson 1712017/2/22更新

to不定詞、動名詞は“I like to shop”や“I like shopping”のように、どちらでも「私はショッピングが好きです」という同じ意味になるのですが、“stop”という動詞に付ける場合には注意が必要です。それでは今日の会話です。

Yoshi: I saw Toshi in Yoyogi Park on Sunday. I stopped talking to him.
John: Why did you stop? Did you have a fight?

ヨシは日曜日に代々木公園でトシに偶然会い、立ち止まって話したというつもりで“I stopped talking to him”と言ったのですが、Johnはヨシがトシと喧嘩でもしたのかと訊き返しています。「stop+動名詞」はその動作を止めた、となるため、“I stopped talking to him”は彼と話すのをやめた、つまりもう口を利かないことにした、という意味になります。ヨシは“I stopped to talk to him"というべきでした。皆さんがこのコラムを読むために立ち止まって(stop to read)くださるのは光栄ですが、読むのを止めて(stop reading)しまわれないことを祈ります。

今回の間違いやすいフレーズ

דI stopped talking to him”

“I stopped to talk to him”

筆者:ウィリアム・ブルックス(産経オンライン英会話アドバイザー)

バックナンバーを見る