• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

must1 

ランダムハウス英和大辞典


音節
must1
発音
məst;((強)) mʌ'st
レベル情報
基本単語
[助動詞] (語形変化はしない;否定短縮形は mustn't[mʌ'snt])
  1. 1 ((義務・必要・強制)) …しなければならない,する必要がある
    • I must keep my word.
    • 約束を守らなければならない
    • Animals must eat to live.
    • 動物は生きるためには食物を取る必要がある
    • Must she type it out again?” “Obviously, she must.”
    • 「彼女にタイプし直させなければなりませんか」「もちろんだ」
    • If you must.
    • ((話)) そうしなければならないのなら(構わないよ).

    ◆ (1)否定には need not,do not have to,haven't got to などを用いる:“Must I stay here?” “No.You don't have to.” 「ここにいなければなりませんか」「その必要はない」. (2)過去・未来・完了を表す場合は have to を用いる(had to,will [shall] have to,have had to). ただし,主節の動詞が過去形である従属節では must を(時制の一致による)過去形として用いてよい:She said she must [or had to] find a job by summer. 彼女は夏までに仕事を見つけなければならないと言った. (3)must が話者の主観的感情に基づいて義務・必要を示すときに用いられるのに対し,have to は話者以外の人の主張,周囲の事情などの客観的な事情に基づいて述べるときに用いられる. したがって,have to のほうが穏やかな表現であり,((話)) では must より have to のほうが好まれる.have got to は have to より口語的な表現. (4)後に完了形・進行形がくる場合は「推定」(⇒6)を表すことが多いが,「義務」を表すこともある:Applicants must have finished the senior high school. 応募者は高等学校を終了していることが必要だ/I must be moving along. もうおいとましなければならない.

  2. [類語]
    must 必然性または強制を表し,強制と義務を表す点では should や ought よりも強く命令的である
    ought 責任,義務,望ましさを表す
    should 責任,期待,見込み,助言を表す
    should はまた,仮定および未来の意志を表す
    have to,have got to については1の注(3)(◆(3))を参照.
  3. 2 ((一人称主語)) ((軽い意味での義務・必要)) …しなければならない,せざるをえない
    • I must be leaving [or ((話)) off] now.
    • そろそろおいとましなければなりません
  4. 3 ((否定語を伴って)) ((禁止)) …してはならない
    • May I take this book?” “No, you mustn't.”
    • 「この本を持っていってもいいですか」「いや駄目だ」.

    ◆ (1)not は must ではなく動詞を否定する:You must not go. 行ってはならない. (2)must not の代わりに,より穏やかな表現の cannot,may not が用いられることもある.

  5. 4 ((二人称主語)) ((懇請・要望・忠告)) (ぜひ)…してほしい
  6. 5 ((主張・固執)) どうしても…しなければならない,せずにはいられない(◆この意味では must はしばしば強勢を受ける)
  7. 6 ((強い推定・推測)) (きっと)…に違いない,…のはずだ.

    ◆過去は must have 過去分詞(…であったに違いない)で表す

    • She must be at least 60.
    • 彼女は少なくとも60歳にはなっているはずだ
    • He must be joking.
    • 冗談を言っているに決まっている

    ◆ (1)「…のはずがない」のような否定の意味を表すには cannot を用いる:He cannot be there.(彼がそこにいるはずがない.)ただし,((米)) では must not で「…でないに違いない」の意味を表すこともある. (2)この意味の must を疑問文に用いることは通例できない. また,have to で置き換えることもできない. (3)この意味では must の後に通例,完了形・進行形・無意志動詞がくる. (4)You must live near your work. のように「君はきっと職場の近くに住んでいるのでしょう」((推定)) と「君は職場の近くに住まなければならない」((義務)) で二義的になる場合もある.

  8. 7 ((必然性・運命)) 必ず…する,…は避けられない
  9. 8 ((話)) ((あいにくの出来事に用いて)) 困ったことに…が起こった[起こる],あいにく…した[する]
    • Why must it always rain on Sundays?
    • 日曜日というと,どうしていつも雨が降らなきゃならないのだろう.
━━ [自動詞] ((古)) ((go,get など文脈から分かる動詞を省略し,方向を示す副詞を伴って)) 行かなければならない
    • We must away.
    • 行かなければならない.
━━ [形容詞] ((話)) 必要な,不可欠の
    • a must book
    • 必読書
    • must subjects
    • 必修科目.
━━ [名詞]
  1. 1 ((話)) なくてはならないもの
    • This law is a must.
    • この法律は絶対必要なものだ
    • When you go to a wedding, a hat is a ‘must’.
    • 結婚式に参列するときには帽子を忘れてはならない.
  2. 2 必見のもの,必ず聞くべきもの
  3. 3 必ず掲載すべき重要記事(◆原稿に‘must’と記入).
語源
900年以前. 中期英語 most(e),古期英語 mōste(過去形);ドイツ語 musste と同語源.→MOTE2

「must1」の前の言葉

「must1」の後の言葉