2018.10.11

〝家元〟はなんと表現する? 日本語の名称を説明しよう

話してみよう ジャパニーズライフ

茶道、華道、香道のほか、舞踊や狂言に至るまで、日本には古来、伝わる文化が数多くあり、これらの芸道にはそれぞれ“家元”が存在する。家元のように、日本文化に根ざした言語表現は少なくない。日本特有の言葉を英語ではどう伝えたら良いだろう。

東京都内でも"Tea ceremony"(茶道)を体験できるイベントが開かれると、外国人観光客が参加する姿を見ることがある。茶道では、家元のことを"Grand tea master"と表現する対訳があるが、この言い方だと、華道や舞踊などほかの芸道の家元のことまでも表現できるわけではない。

そこで今回は、この日本語特有の表現を"Iemoto"とそのまま表現し、言葉の意味を説明してみることを提案したい。

広辞苑は「家元(いえもと)」について、「芸道で、その流祖の正統を伝える地位にある家・人。宗家そうけ」と説明している。言い換えれば、日本の伝統文化の作法や歴史を継承し伝える家や人たちが家元、ということである。

例えば次のような言い方はどうか。

"Iemoto means families and people who inherit manners and histories of Japan's traditional cultures."

日本独自の言葉こそ、あえて英訳せずにそのまま表現し、意味を説明する。訪日外国人客に、日本での滞在や体験をさらに楽しんでもらえるかもしれない?

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2019.6.20

"video distribution"(動画配信) 

話してみよう ジャパニーズライフ

世界中に広まっているネットフリックスなどの動画配信サービス。日本でも、映画やスポーツ番組などを動画配信サービスで楽しむ人が増えている。

続きを読む

2019.6.13

"master,teacher,mentor"(師匠・先生・先輩) 

話してみよう ジャパニーズライフ

伝統芸能の世界は「師弟関係」が重要で、落語家になる場合も師匠に師事し、芸を学ぶ。日本語も英語も、教える側と教わる側を表現する言葉はさまざまだ。

続きを読む

2019.6.6

"Don't be rude"(マナーを守ろう) 

話してみよう ジャパニーズライフ

電車のホームで歩きながら通話する「歩きスマホ」や、駆け込み乗車などの迷惑行為が社会問題になっている。

続きを読む

2019.5.30

"play a role"(役割を果たす) 

話してみよう ジャパニーズライフ

ロボットの開発に力を入れている日本では、保育ロボまで登場した。英語ニュースサイトでは保育ロボの活躍ぶりを紹介している。

続きを読む

2019.5.23

"torch relay"(聖火リレー)

話してみよう ジャパニーズライフ

2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで使われるトーチは、桜の花をモチーフにしたユニークなデザインになるようだ。

続きを読む

2019.5.16

"changing the era name"(改元)

話してみよう ジャパニーズライフ

令和の公式の英訳として、日本の外務省が示したのは、「ビューティフル・ハーモニー」。意味は「美しい調和」だ。

続きを読む

2019.5.9

"eco-friendly car"(エコカー)

話してみよう ジャパニーズライフ

エコカーは"ecology"から取った言葉だが、そのまま"eco car"と言うより、"eco-friendly car"という英語が一般的だ。

続きを読む

2019.5.7

"How could I possibly~?"(どうして~だろうか)

話してみよう ジャパニーズライフ

野球界のスーパースターであるマリナーズのイチロー選手が45歳で現役引退を表明し、記者会見では「後悔などあろうはずがありません」という名セリフを残した。

続きを読む

2019.4.18

"delicacy"(珍味)

話してみよう ジャパニーズライフ

英語ニュースサイトでは、美しい海底の写真を報じ、震災で生産量が減ったホヤの復活をうかがわせる様子や、地の生産業者らの取り組みを報じている。

続きを読む

2019.3.28

"entrance ceremony"(入学式)

話してみよう ジャパニーズライフ

4月を前に社会人や学生らが新生活の準備に慌ただしい季節が続いている。今年も転居したくても希望通りにできない「引っ越し難民」が話題となっている。

続きを読む