2019.1.18

"boar"(いのしし)

話してみよう ジャパニーズライフ

平成31年が明けた。明治以降、天皇の御代(みよ)ごとに元号を定める一世一元制が確立し、今年はその元号を改める特別な年だ。

日本流の年の表し方は、元号のほかに干支(えと)(Chinese Zodiac)がある。今年の干支はイノシシ(boar)。英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」では「干支だるまって知ってる? 黄金色のイノシシだるまが製作ピーク」との見出しで絵付け風景を報じている。キョロリとした愛らしい目玉を描く職人の筆運びが印象的だ。

年賀状などの絵柄に使われる干支だが、昔は時刻や暦などにも用いられた。午前0時ごろは「子(ね)の刻」、正午ごろは「午(うま)の刻」。午の刻の後の時間帯を午後(afternoon)と呼ぶ由縁はここにある。

ところで、十二支の順番はどんな意味があるのだろう? 本当のところは全く分からないのだが、子供向けにはこんな昔話がある。「元旦に1から12番目までに来たものを1年交代で動物の大将とする」。神様は全国の動物にそう伝え、動物たちは1着を目指して出発した。新年の朝、牛が最初に着いた。ところが牛の背中(on an ox's back)に乗ってきたネズミ(rat)が飛び降り、牛より先に神様に新年のあいさつをした。その後に、トラ"tiger"▽ウサギ"rabbit/hare"▽タツ"dragon"▽ヘビ"snake"▽ウマ"horse"▽ヒツジ"sheep"▽サル"monkey"▽トリ"rooster/cock"▽イヌ"dog"▽イノシシ-と続く。ウシは"cow"(乳牛)ではなく"ox"(雄牛)。イノシシは日本は"boar"だが、中国は"pig"だ。

日本流の表現を大切に、今年も英語で日本紹介を楽しみたい。

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2019.2.14

"I was born in Osaka."(大阪生まれです)

話してみよう ジャパニーズライフ

1月のテニスの全豪オープンを初制覇し、昨年の全米に続く四大大会の連勝を達成した大坂なおみ選手。世界ランクでアジア勢初の1位となり、日本中を沸かせた。

続きを読む

2019.1.31

"cherry blossom"(桜の花)

話してみよう ジャパニーズライフ

日本の春の風物詩、桜。英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」では、昨年に引き続き、読者が撮影した桜の花の写真を募って紹介する特設ページを開く。

続きを読む

2018.12.20

"New Year's dishes"(お節料理)

話してみよう ジャパニーズライフ

年末にイエス・キリストの誕生を記念するクリスマスを祝い、年始に神社へ初詣に行く。日本人のこの習慣を不思議に思う外国人もいるようだ。

続きを読む

2018.12.6

"tax hike"(増税)

話してみよう ジャパニーズライフ

安倍晋三首相が来秋に消費税率を8%から10%へ引き上げると表明した。英国の友人に愚痴をこぼすと、日本はまだ少ない方だと切り返されて複雑な気持ちになった。

続きを読む

2018.11.22

"common sense"(常識)

話してみよう ジャパニーズライフ

韓国で、戦時中の労働者に対する損害賠償を新日鉄住金に命じる判決が確定した。すでに解決をみた問題を蒸し返す判決に驚いた人は多いのではないか。

続きを読む