2019.4.25

"the exact opposite"(真逆)

侍イングリッシュ

最近、日常会話でよく耳にする俗語に「真逆」があります。英語では「真逆」にあたるさまざまな表現があります。「君の考えは私の考えと真逆だ」を例にとって、英語で表現してみましょう。

「反対」(opposite)の前に「まさに」(exact)を付けて"Your idea is the exact opposite of mine."「反対の」(counter)を使った熟語「相いれない、逆行する」(run counter to)を用いるなら、"Your position runs counter to mine."北極から南極までの距離ほど隔たりがあることを示す表現もあります。「極(きょく)」(pole)と「離れている」(apart)を続けて"Our logical perceptions are poles apart." 「あべこべ、正反対」を意味する"the other way around"を用いると"My view is the other way around."

英語圏では、相手の意見に同調するより、反対の論陣を張る姿勢のほうが議論に貢献するとして貴ばれる文化があります。それが「真逆」の表現の多様さにも現れている気がします。

ところで、文化庁「国語に関する世論調査」によると、「真逆」は、男性は30代以下、女性は20代以下の半数以上が使うそうです。平成23年の調査ですから、7年が経過し、「真逆」を好んで用いる年代もだんだん上がっていることでしょう。

執筆者紹介

河谷隆司

河谷隆司
異文化マネジメントコンサルタント。(株)ダイバーシティ・マネジメント研究所代表取締役。世界13ヶ国の日系企業拠点にて異文化マネジメント研修・講演を実施。著書に『英語の話せるボスになる』他多数。

最新の記事

2019.4.4

"no space for more food."(お腹いっぱい)

侍イングリッシュ

外国人の友人と食事中、満腹のところ「もうひと品いかが?」とすすめられて、デザートの入る余地だけは死守したいとき、あなたはなんと言って断るでしょうか?

続きを読む

2019.3.7

"Actions speak louder than words."(行動は言葉よりも雄弁)

侍イングリッシュ

「行動は言葉よりも雄弁」英会話力を向上させるには、便利な会話表現を覚えるだけでなく、ぜひこのようなことわざを引用することをお勧めします。

続きを読む

2019.2.21

"You can do it."(きっとできるよ)

侍イングリッシュ

近年、訪日観光客が急増しています。彼らは通常の観光では飽き足らず、「体験」を合言葉に、日本文化のさまざまな分野に挑戦しています。

続きを読む

2019.2.7

"Excuse us"(失礼します)

侍イングリッシュ

名探偵シャーロック・ホームズが住んでいたとされるロンドンのベイカー街にあるオフィスを訪れました。

続きを読む

2019.1.24

"How are you doing ?"(調子はどう?)

侍イングリッシュ

アメリカの日系企業で働くアメリカ人社員が私にポツリと漏らしました。「長い間、日本人のボスから仕事の調子を聞かれたことがないんです。ちょっと寂しいな」

続きを読む

2018.12.27

"You'd have loved it"(気に入ってくれたよね)

侍イングリッシュ

国際線の機中でサンドラ・ブロック主演の映画「オーシャンズ8」を見ました。完璧な仕事を終えて、他界した伝説の強盗犯の兄に向かってこうつぶやいたのです。

続きを読む

2018.12.13

"No offense"(悪気はありません)

侍イングリッシュ

ビジネスにおいて、果敢に挑戦し続けなければ競合相手にシェアを奪われてしまいます。「攻撃は最大の防御なり」ということわざもあります。

続きを読む

2018.11.29

"the Japanese way"(日本の流儀)

侍イングリッシュ

今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」に、サッカーW杯ロシア大会日本代表、大迫勇也選手の活躍を称賛する「半端ないって」などがノミネートされました。

続きを読む

2018.11.15

"talk"(おしゃべり)

侍イングリッシュ

1960年代のアメリカの大ヒット曲「サウンド・オブ・サイレンス」(The Sound of Silence)をご記憶でしょうか。その歌詞は、"talk"と"speak"が登場します。

続きを読む

2018.11.1

"in one piece"(無事に)

侍イングリッシュ

マレーシアの首都、クアラルンプールを訪問したとき、大失敗をしてしまいました。翌朝は午前9時から地元のマネジメント学会で「海外赴任者と現地社員の...

続きを読む