2019.5.9

"eco-friendly car"(エコカー)

話してみよう ジャパニーズライフ

日本人の環境問題に対する意識は高く、エコカーを好む人も多い。エコカーはecology(生態環境)から取った言葉だが、そのまま"eco car"と言うより、"eco-friendly car"(エコフレンドリーカー、環境に優しいクルマ)という英語が一般的だ。自分の愛車がエコカーだと英語で表現すると、"I have an eco-friendly car." "My car is eco-friendly."となる。

世界で普及しているエコカーは、トヨタ自動車が平成9(1997)年、世界で初めて開発した量産型のハイブリッドカー(hybrid carHV)が有名だ。トヨタの車は、米ハリウッドの映画俳優らが愛用し、地球環境に配慮するライフスタイルの象徴にもなった。

最近は各国のメーカーが開発にしのぎを削る。燃料電池自動車(a fuel cell-powered vehicleFCV)や電気自動車electric vehicleEV)、天然ガス車natural gas vehicleNGV)が公道を走る。

英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」では、"JAXA,トヨタ Collaborate to Develop Lunar Rover by 2029"の見出しで、トヨタ自動車と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が共同で月面車を開発すると発表した。令和11(2029)年までに、宇宙服を着ないで乗車でき、1万キロ以上走破できる燃料電池自動車の開発を目指す。ポイントは1回の燃料補充や充電による走行(航続)可能距離(distance to empty)だ。エコカーで培った技術による宇宙開発への貢献にも期待がかかる。

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2019.7.11

"facial recognition technology"(顔パス)

話してみよう ジャパニーズライフ

最近は最新テクノロジーを活用した「顔認証」と呼ばれるセキュリティー技術を使って、制限のある施設に入ることも「顔パス」と表現するケースが増えてきた。

続きを読む

2019.7.4

"Japanese pickles"(漬物) 

話してみよう ジャパニーズライフ

日本人にとって、外国人に和食のことを説明するときには、言葉の選び方に注意が必要だ。

続きを読む

2019.6.27

"elongate"(長くする)

話してみよう ジャパニーズライフ

営業運転としては世界最速の時速360キロを目指す次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」がついに姿を現した。

続きを読む

2019.6.20

"video distribution"(動画配信) 

話してみよう ジャパニーズライフ

世界中に広まっているネットフリックスなどの動画配信サービス。日本でも、映画やスポーツ番組などを動画配信サービスで楽しむ人が増えている。

続きを読む

2019.6.13

"master,teacher,mentor"(師匠・先生・先輩) 

話してみよう ジャパニーズライフ

伝統芸能の世界は「師弟関係」が重要で、落語家になる場合も師匠に師事し、芸を学ぶ。日本語も英語も、教える側と教わる側を表現する言葉はさまざまだ。

続きを読む

2019.6.6

"Don't be rude"(マナーを守ろう) 

話してみよう ジャパニーズライフ

電車のホームで歩きながら通話する「歩きスマホ」や、駆け込み乗車などの迷惑行為が社会問題になっている。

続きを読む

2019.5.30

"play a role"(役割を果たす) 

話してみよう ジャパニーズライフ

ロボットの開発に力を入れている日本では、保育ロボまで登場した。英語ニュースサイトでは保育ロボの活躍ぶりを紹介している。

続きを読む

2019.5.23

"torch relay"(聖火リレー)

話してみよう ジャパニーズライフ

2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで使われるトーチは、桜の花をモチーフにしたユニークなデザインになるようだ。

続きを読む

2019.5.16

"changing the era name"(改元)

話してみよう ジャパニーズライフ

令和の公式の英訳として、日本の外務省が示したのは、「ビューティフル・ハーモニー」。意味は「美しい調和」だ。

続きを読む

2019.5.7

"How could I possibly~?"(どうして~だろうか)

話してみよう ジャパニーズライフ

野球界のスーパースターであるマリナーズのイチロー選手が45歳で現役引退を表明し、記者会見では「後悔などあろうはずがありません」という名セリフを残した。

続きを読む