2019.5.16

"changing the era name"(改元)

話してみよう ジャパニーズライフ

令和が幕開けて、はや1週間が過ぎた。令和の公式の英訳として、日本の外務省が示したのは、「ビューティフル・ハーモニー」 (Beautiful Harmony)。意味は「美しい調和」だ。 ハーモニーは、調和のほかに一致、和合などの意味も。語源はギリシャ語の接合、連結、一致。「隣人と仲よく暮らす」を英語で 表現すると"live in harmony with one's neighbors"、「色彩の調和」は"color harmony"。

神社本庁によると、明治以降、改元は皇位継承時に限って行われるようになった。このため、元号は、ときの天皇の時代を象徴するものという。「国民の理想としてふさわしい字があてられる」(They are chosen to accord with the ideals of the people of Japan.) こうして、元号に選ばれた漢字は、その時代を象徴しているようで興味深い。明治は"Bright Governance"(明るい統治)、大正は"Great Truth"(偉大な真実)、昭和は"Shining Harmony"(輝く調和)、平成は"Achieved Peace"(成し遂げられた平和)だ。

即位の日の1日、英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」も、「新時代の幕開け 徳仁さまが日本の天皇に即位された」(Beginning of a New EraNaruhito Becomes Emperor of Japan)の見出しで即位を報じ、世界中からアクセスがあった。

新しい時代の幕開け、私たちも日々の暮らしの中で、「美しい調和」を意識していきたい。

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2019.7.11

"facial recognition technology"(顔パス)

話してみよう ジャパニーズライフ

最近は最新テクノロジーを活用した「顔認証」と呼ばれるセキュリティー技術を使って、制限のある施設に入ることも「顔パス」と表現するケースが増えてきた。

続きを読む

2019.7.4

"Japanese pickles"(漬物) 

話してみよう ジャパニーズライフ

日本人にとって、外国人に和食のことを説明するときには、言葉の選び方に注意が必要だ。

続きを読む

2019.6.27

"elongate"(長くする)

話してみよう ジャパニーズライフ

営業運転としては世界最速の時速360キロを目指す次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」がついに姿を現した。

続きを読む

2019.6.20

"video distribution"(動画配信) 

話してみよう ジャパニーズライフ

世界中に広まっているネットフリックスなどの動画配信サービス。日本でも、映画やスポーツ番組などを動画配信サービスで楽しむ人が増えている。

続きを読む

2019.6.13

"master,teacher,mentor"(師匠・先生・先輩) 

話してみよう ジャパニーズライフ

伝統芸能の世界は「師弟関係」が重要で、落語家になる場合も師匠に師事し、芸を学ぶ。日本語も英語も、教える側と教わる側を表現する言葉はさまざまだ。

続きを読む

2019.6.6

"Don't be rude"(マナーを守ろう) 

話してみよう ジャパニーズライフ

電車のホームで歩きながら通話する「歩きスマホ」や、駆け込み乗車などの迷惑行為が社会問題になっている。

続きを読む

2019.5.30

"play a role"(役割を果たす) 

話してみよう ジャパニーズライフ

ロボットの開発に力を入れている日本では、保育ロボまで登場した。英語ニュースサイトでは保育ロボの活躍ぶりを紹介している。

続きを読む

2019.5.23

"torch relay"(聖火リレー)

話してみよう ジャパニーズライフ

2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーで使われるトーチは、桜の花をモチーフにしたユニークなデザインになるようだ。

続きを読む

2019.5.9

"eco-friendly car"(エコカー)

話してみよう ジャパニーズライフ

エコカーは"ecology"から取った言葉だが、そのまま"eco car"と言うより、"eco-friendly car"という英語が一般的だ。

続きを読む

2019.5.7

"How could I possibly~?"(どうして~だろうか)

話してみよう ジャパニーズライフ

野球界のスーパースターであるマリナーズのイチロー選手が45歳で現役引退を表明し、記者会見では「後悔などあろうはずがありません」という名セリフを残した。

続きを読む