2019.12.19

"folklore studies"(民俗学)

話してみよう ジャパニーズライフ

日本民俗学の第一人者である柳田国男氏の生誕地・兵庫県福崎町が、妖怪を使った町おこしに取り組んでいる。英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」は、「Tourists Come for the Monsters of Fukusaki」(泣く子も黙る“リアル妖怪”で町おこし)との見出しで伝えている。

柳田氏は日本民俗学の父(father of Japanese folklore studies)と呼ばれている。民俗学(folklore)とは、国民の日常生活や文化の歴史を、民間伝承などを資料として再構成する学問のこと。folkloreの語源は「folk」(家族、民族などの意味)と、「lore」(learnと同じ語源で知恵や知識を意味する)からなる。

日本でも、妖怪幽霊は混同されやすい。柳田氏は著書『妖怪談義』の中で、「人につくのが幽霊で、場所につくのは妖怪だ」と両者の違いについて言及している。

海外では「幽霊」は一般的で、英語では「ghost」と言うほか、幻影や幻の意味の「phantom」を使うこともある。これに対し、「妖怪」はなじみが薄く、英語では「monster」が一番近いが、その土地ならではの怪物と言う意味で「Japanese folk monster」とか、「yokai」と言うほうが理解されやすい。

妖怪を町おこしに活用している取り組みとしては、鳥取県境港市も有名。「ゲゲゲの鬼太郎」で知られる漫画家の水木しげる氏が境港市で育ったことから、水木氏が描く妖怪の世界観を商店街のあちらこちらに表現している。

日本では、故郷につく妖怪を怖がるよりも、どこか親近感を感じる人が多いのもしれない。

画像提供:acworksさんによる写真ACからの写真

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2020.3.26

"soon-to-be~"(~になる予定の)

話してみよう ジャパニーズライフ

「soon-to-be~」のように、英語の単語と単語をハイフンで結ぶ言葉を複合形容詞という。複合形容詞で名詞(句)を修飾する使い方を覚えると表現の幅が広がる。

続きを読む

2020.3.19

"tsunami"(津波)

話してみよう ジャパニーズライフ

津波は英語で「tidal wave」や「seismic sea wave」と表現されることもあるが、「tsunami」の方が、国際的に広く使われている。

続きを読む

2020.3.12

"thought-out"(考え抜いた)

話してみよう ジャパニーズライフ

「thought-out」は、「考え抜いた」や「念入りな」といった意味を表す。肯定的な意味を強めたいときは、「well(よく、うまく)」を頭に付ける。

続きを読む

2020.3.5

"sexual minorities"(性的少数者)

話してみよう ジャパニーズライフ

性的少数者のことを表す言葉に「LGBT」があるが、「LGBTQ」と表現することも増えてきた。最近は、性的少数者全体を表す肯定的な言葉としても使われる。

続きを読む

2020.2.27

"adaptation"(翻案)

話してみよう ジャパニーズライフ

歌舞伎は、英語で「Kabuki」と表現する。日本の伝統芸能「traditional arts」のひとつ。17世紀に阿国(おくに)という女性が歌舞伎踊りを始めた。

続きを読む

2020.2.20

"starting point"(原点)

話してみよう ジャパニーズライフ

原点は、出発点と言う意味で「starting point」と言う。「転機」は「turning point」で、カタカナ英語の「ターニングポイント」と同じ意味。

続きを読む

2020.2.13

"calligraphy"(書道)

話してみよう ジャパニーズライフ

書道を表す単語は「calligraphy」。その語源は、ギリシャ語で「美しい」を意味する「calli」と「書くこと」を示す「graphein」である。

続きを読む

2020.2.6

"touch down"(着地する)

話してみよう ジャパニーズライフ

「着地する」は英語で「touch down」といい、「到着する」という意味もある。人や自動車が到着した時ではなく、飛行機や宇宙船のケースでよく使う。

続きを読む

2020.1.30

"universal design"(ユニバーサルデザイン)

話してみよう ジャパニーズライフ

「低床バス(low-floor bus)」や「段差の解消(step-free)」など、誰もが心地よく過ごせる街づくりへ向けた工夫が、東京五輪を機に広がっている。

続きを読む

2020.1.23

"turn A on B"(B[誕生日]にA歳になる)

話してみよう ジャパニーズライフ

「~歳になる」は「She became 18」ということもできるが、英会話では「become」を使うことは少なく、「turn」のほうが一般的だ。

続きを読む