2020.3.26

"soon-to-be~"(~になる予定の)

話してみよう ジャパニーズライフ

英語ニュースサイト「ジャパン・フォワード」は、「A New PlaygroundHarry Potter Theme Park to Open in Tokyo in 2023(テーマパーク集中の首都圏 としまえん跡地計画で集客競争激化)」との見出しで、東京都内の遊園地「としまえん」が閉園した跡地に、大ヒット映画「ハリー・ポッター」のテーマパークを開業する計画に関する解説記事を紹介している。

「その行楽地はまもなく閉鎖される」を英訳すると「The playground will be closed soon.」となる。

一方で、同様の意味で「間もなく閉鎖される予定の行楽地」と表現したい場合は、「soon-to-be closed playground」ということができる。

この時の「soon-to-be~」のように、英語の単語と単語をハイフンで結ぶ言葉を複合形容詞という。複合形容詞で名詞(句)を修飾する使い方を覚えると表現の幅が広がる。たとえば婚約者のことを「soon-to-be my husbandwife)」(すぐに結婚する予定の夫または妻)と表現できる。

報道記事では「soon-to-be-announced~」(まもなく発表される~)という決まり文句をよく見かける。同様に、報道では「成り行きを見守る」といった表現も頻出するが、英語では「wait and see」と言う。

Let’s wait and see」で「少し様子を見よう」、「Just wait and see」と相手に命令形で言うと、「今に見てろよ」という意味で使える。「wait-and-see」と複合形容詞として使うこともあり、「take a wait-and-see approach」とすれば、「状況(成り行き)を見守る立場を取る」などの意味になる。


画像提供:七彩さんによる写真ACからの写真

執筆者紹介

JAPAN Forward編集部

JAPAN Forward編集部
JAPAN Forwardは、産経新聞の記事を中心に良質な記事や評論、インタビューを英語で発信するニュース・オピニオンサイト。日本に関心のある英語圏の人たちに日本を紹介できるようになりたい方におすすめです。

最新の記事

2020.4.2

"shoulder"(担う)

話してみよう ジャパニーズライフ

「shoulder」は名詞の「肩」を意味する単語だが、動詞で使うと「背負う」「担う」「かつぐ」といった意味になる。名詞の場合も幅広い表現ができる。

続きを読む

2020.3.19

"tsunami"(津波)

話してみよう ジャパニーズライフ

津波は英語で「tidal wave」や「seismic sea wave」と表現されることもあるが、「tsunami」の方が、国際的に広く使われている。

続きを読む

2020.3.12

"thought-out"(考え抜いた)

話してみよう ジャパニーズライフ

「thought-out」は、「考え抜いた」や「念入りな」といった意味を表す。肯定的な意味を強めたいときは、「well(よく、うまく)」を頭に付ける。

続きを読む

2020.3.5

"sexual minorities"(性的少数者)

話してみよう ジャパニーズライフ

性的少数者のことを表す言葉に「LGBT」があるが、「LGBTQ」と表現することも増えてきた。最近は、性的少数者全体を表す肯定的な言葉としても使われる。

続きを読む

2020.2.27

"adaptation"(翻案)

話してみよう ジャパニーズライフ

歌舞伎は、英語で「Kabuki」と表現する。日本の伝統芸能「traditional arts」のひとつ。17世紀に阿国(おくに)という女性が歌舞伎踊りを始めた。

続きを読む

2020.2.20

"starting point"(原点)

話してみよう ジャパニーズライフ

原点は、出発点と言う意味で「starting point」と言う。「転機」は「turning point」で、カタカナ英語の「ターニングポイント」と同じ意味。

続きを読む

2020.2.13

"calligraphy"(書道)

話してみよう ジャパニーズライフ

書道を表す単語は「calligraphy」。その語源は、ギリシャ語で「美しい」を意味する「calli」と「書くこと」を示す「graphein」である。

続きを読む

2020.2.6

"touch down"(着地する)

話してみよう ジャパニーズライフ

「着地する」は英語で「touch down」といい、「到着する」という意味もある。人や自動車が到着した時ではなく、飛行機や宇宙船のケースでよく使う。

続きを読む

2020.1.30

"universal design"(ユニバーサルデザイン)

話してみよう ジャパニーズライフ

「低床バス(low-floor bus)」や「段差の解消(step-free)」など、誰もが心地よく過ごせる街づくりへ向けた工夫が、東京五輪を機に広がっている。

続きを読む

2020.1.23

"turn A on B"(B[誕生日]にA歳になる)

話してみよう ジャパニーズライフ

「~歳になる」は「She became 18」ということもできるが、英会話では「become」を使うことは少なく、「turn」のほうが一般的だ。

続きを読む