• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

見出しの表示のしかた

  1. 1.和語・漢語はひらがな、外来語はかたかなで示した。
  2. 2.和語・漢語については、古語・現代語の別なく現代仮名遣いによることを原則とした。
  3. 3.外来語は普通に行われている書き表し方によって、長音「ー」や拗音「ァ・ィ・ゥ・ェ・ォ」などを用いた。ただし、「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」は「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」に統一した。
    ティーン【teen】
    ヴァイオリン【violin】1バイオリン
  4. 4.見出しの語構成は、その語の成り立ちを説明しうる最終的な結合箇所に「‐」を入れた。原則として二分するものであるが、結合関係によってそれ以上の場合もある。
    ば‐しょ【場所】
    い‐ばしょ〔ゐ‐〕【居場所】
    な‐の‐はな【菜の花】
  5. 5.活用する語には、活用語尾の前に「・」を入れた。
    およ・ぐ【泳ぐ/×游ぐ】
    ただし・い【正しい】
    語幹と語尾とが区別できない語には入れていないが、それが下に付く複合語には、語間に「・」を入れた。
    みる【見る/▽視る/▽観る】
    ゆめ・みる【夢見る】
  6. 6.語幹と語尾との区別のない活用語を含む連語・慣用句には、それらの活用語の前に「◦」を入れた。
    おもほえ◦ず【思ほえず】
    足元を◦見る
  7. 7.「‐」が「・」「◦」と重なるときは、「‐」を省略した。
    こころ・える【心得る】