• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

漢字表記

  1. 1.見出しに当てられる漢字表記を【 】の中に示した。
  2. 2.常用漢字表および人名用漢字にある字体は、それらの字体を使用した。繰り返し記号「々」などは原則的に用いていない。
    あくたがわ‐りゅうのすけ〔あくたがは‐〕【芥川竜之介】
    かんかん‐がくがく【××××諤】
  3. 3.ひらがな・かたかな、またローマ字で書く部分を含む語は、それらを含めて示した。
    ごった‐に【ごった煮】
    と‐がき【ト書(き)】
    エックス‐せん【X線】
  4. 4.漢字表記が二つ以上考えられる場合は、原則として広く用いられるものを先に掲げた。
    あか・い【赤い/紅い】
    ほり【堀/×濠/×壕】
  5. 5.意味による漢字の使い分けが明確な語は、項目を別にした。また、同一項目内でも、ある特定の意味によって用字が慣用化されている場合には、その語義区分の初めに( )でその用字を示した。
    あかし【灯】《動詞「明かす」の連用形から》
    あかし【証】《「灯(あかし)」と同語源》
    か・く【書く/描く/画く】 (書く)… (書く)… (描く・画く)…
    か・ける【掛ける/懸ける】 物を一方から他方へ渡す。1(「架ける」とも書く)
  6. 6.作品名などでは、その原題や邦題の表記を示した。
    あいびき〔あひびき〕【あひゞき】
    ベニスのしょうにん〔‐のシヤウニン〕【ベニスの商人】