• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

歴史的仮名遣い

  1. 1.見出しの仮名遣いと異なる歴史的仮名遣いは、見出しのあと〔 〕に記した。その際、「‐」や「・」「◦」は省略した。
    あい‐しらい〔あひしらひ〕
    おおき・い〔おほきい〕【大きい】
    きら◦う〔きらふ〕【霧らふ】
  2. 2.見出しに語構成を示す「‐」が入るものは、その単位で分けて考え、歴史的仮名遣いが見出しの仮名遣いと一致する部分は省略して「‐」で示した。
    にわ‐の‐おしえ〔には‐をしへ〕【庭の訓】
    せかい‐かん〔‐クワン〕【世界観】
  3. 3.歴史的仮名遣いは、和語はひらがな、漢語はかたかなで示すことを原則とした。
    きのう〔きのふ〕【昨日】
    い‐じょう〔ヰゼウ〕【囲×繞】
  4. 4.漢字表記が複数あり、それぞれの歴史的仮名遣いが異なるときは、それぞれを「|」と「・」で区切って示すようにした。
    こう‐ほう〔クワウ‐|コウ‐〕【広報/×弘報】
  5. 5.同じ漢字表記でも、語義の違いに対応して歴史的仮名遣いが異なるときは、それぞれの語義区分の冒頭に示すようにした。
    こう‐どう【講堂】 (カウダウ) (コウダウ)