• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

品詞

  1. 1.見出し語の品詞などの表示には略号を用いた。(「記号・約物一覧」参照
  2. 2.名詞は品詞の表示を省略した。ただし、同一項目の中で他品詞の用法もあるときには、それと区別して[名]と示した。固有名詞については表示を省略した。
    ぜん‐たい【全体】1[名]…1[副]…
    じ‐ゆう〔‐イウ〕【自由】[名・形動]
  3. 3.動詞は、活用する行と活用の種類とを示した。
    かえ・る〔かへる〕【返る/反る】[動ラ五(四)]
    か・える〔かへる〕【変える】[動ア下一]1か・ふ[ハ下二]
  4. 4.「する」が付いてサ変動詞となるものには、もとの品詞に「スル」を添えて示した。
    けん‐てい【検定】[名](スル)
    うっとり[副](スル)
  5. 5.形容詞・形容動詞の文語形には活用の種類を示した。
    かる・い【軽い】[形]1かる・し[ク]
    こころ‐はずか・し〔‐はづかし〕【心恥づかし】[形シク]
    あき‐らか【明らか】[形動]1[ナリ]
    しょう‐ぜん〔セウ‐〕【昭然】[形動タリ]
  6. 6.文語のタリ活用の形容動詞で、口語においては「-と」の形で副詞に、また「-たる」の形で連体詞に用いられるものは、品詞表示を[ト・タル]とした。
    へい‐ぜん【平然】[ト・タル]1[形動タリ]
  7. 7.助詞は、格助詞・接続助詞・副助詞・係助詞・終助詞・間投助詞・並立助詞・準体助詞の別を示した。
    [係助]
    から1[格助]…1[接助]…1[準体助]…
  8. 8.助動詞には、語義解説の前に活用する語形を掲げた。
    れる[助動][(れ|れ|れる|れる|れれ|れろ(れよ))
  9. 9.連語については、名詞を格助詞「の」「つ」でつなげたような、体言型のものには〔連語〕の表示を省略した。