• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

意味・用法の記述

  1. 1.一般の国語語彙に関しては、まず現代の意味・用法を記述し、それをもとに古い時代の意味・用法の変遷を記述するようにした。
  2. 2.百科語に関しては、最新の情報・学説を取り入れつつ、現代生活に密接した内容を簡潔に記述するようにした。
  3. 3.同一項目内において意味・用法を分けて解説する場合、必要に応じて以下の記号を用いた。
    (1)品詞、およびそれに準じる区分には 1 1 を用いた。

    あじ〔あぢ〕【味】1[名]…1[形動]1[ナリ]…
    すく・む【×竦む】1[動マ五(四)]…1[動マ下二]…

    (2)意味・用法の区分を示す標準的な記号としては 1 2 を用いた。その下位の区分としては ㋐ ㋑ を用いた。

    た・つ【立つ】1[動タ五(四)] …㋐ …㋑ …
    また、区分が多数・煩雑になる場合に限り、1 2の上位区分として11を用いた。
    い・う〔いふ〕【言う/×云う/×謂う】[動ワ五(ハ四)]11 (「…という」の形で体言に続けて) ㋐…

    (3)固有名詞の区分には、 1 1 を用いた。

    ふちゅう【府中】1東京都中部…1広島県南東部…
    エリザベス【Elizabeth】1(一世)…1(二世)…
  4. 4.語義解説の末尾には対義語・対語を1で示した。
    あが・る【上がる/揚がる/挙がる】1おりる。
    だい‐じょう【大乗】1小乗。
  5. 5.参照する項目などについては、語義解説の末尾に → で示した。
    あい‐そ【愛想】…→愛嬌(あいきよう)[用法]
  6. 6.語義解説のすべてを別の項目にゆだねるときは、1を用いてその見出しを示した。
    きゃく‐し【客思】1かくし(客思)
    こくさい‐ろうどうきかん〔‐ラウドウキクワン〕【国際労働機関】1アイ‐エル‐オー(ILO)
  7. 7.人名の項目には[( )]を用いて生没年を西暦で記した。
    たかすぎ‐しんさく【高杉晋作】一八三九~一八六七