• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

国語辞書 - 大辞泉

凡例

補説・派生語など

  1. 1.語義解説の補足的な事柄、また諸説のある問題点などについては、語義解説の末尾に [補説] を付して記述した。
  2. 2.同一項目内において、意味・用法によってアクセントが異なるときは、語義解説の末尾に[アクセント]として注記するようにした。語形をかたかな書きにして、高く発音する部分をボールド(太字)の文字にしてある。

    がた‐がた 1[副](スル)1[形動]…[アクセント1タガタ、 1はガタガタ
  3. 3.俳句において季語とされている見出し語には、《 春》《 花=夏》のように示し、代表的な句例を添えるようにした。
  4. 4.歌枕とされている地名には、[歌枕]と示し、適宜和歌例を添えた。
  5. 5.可能動詞は、独立の見出しとして立てず、もとになる動詞の解説末尾に[可能]としてボールド(太字)の文字で掲げた。ただし、複合動詞には表示を省略した。

    よ・む【読む/詠む】 1[動マ五(四)]…[可能] よめる
  6. 6.現代語の形容詞・形容動詞に接尾語「がる」「げ」「さ」「み」が付いた派生語は、その項目の解説末尾に[派生]としてボールド(太字)の文字で掲げた。

    つよ・い【強い】 [形]1つよ・し[ク]… [派生] つよがる[動ラ五]つよげ[形動]つよさ[名]つよみ[名]
    しん‐けん【真剣】 1[形動] 1[ナリ]…[派生] しんけんさ[名]しんけんみ[名]
  7. 7.基本的な語には、表現に役立つ実際的な資料として、次のような欄を設けた。

    (1)見出し語に似た意味の語句を[類語]として集めた。語義区分や用法によってグループに分けて示した。

    き・く【聞く/聴く】
    [類語] ( )耳にする/( )傾聴する…/( )仄聞(そくぶん)する…(謙譲)伺う…

    (2)見出し語が下に付く慣用句・ことわざの類を[下接句]として集めた。

    く・う〔くふ〕【食う/×喰う】
    [下接句] 泡を食う・一杯食う・犬も食わぬ…

    (3)見出し語が下に付く複合語・連語の類を[下接語]として集めた。

    いわい〔いはひ〕【祝(い)/斎】
    [下接語] 内祝い・産(うぶ)祝い・産衣(うぶぎ)の祝い・快気祝い…

    (4)見出し語と意味・用法が似ていて微妙に異なる語を[用法]欄に取り上げ、その相違を解説するようにした。

    うま・い【旨い/甘い】
    [用法] うまい・おいしい