し‐び【至微】 の意味

  1. 非常に細かいこと。
    • 「人情の―を描くような繊細な筆がない」〈魯庵・「破垣」に就て〉
  • 名詞