出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代の大建築で、大棟の両端につけた飾り。中国に源があり、形は鳥の尾または魚のようで、沓 (くつ) にも似ているところから沓形 (くつがた) ともいう。後世の鬼瓦しゃちほこの祖型。