出典:デジタル大辞泉(小学館)

長く官職にあった者や特に功績のあった者などに与えられる栄典の一。元来は官人の序列で、推古天皇11年(603)の冠位十二階に始まり、大宝令とこれを改定した養老令の位階制が長く行われた。皇族の親王は一品 (いっぽん) から四品 (しほん) までの四階、諸王は正一位から従五位下まで一四階、臣下は正一位から少初位下 (しょうそいげ) まで三〇階とした。明治22年(1889)以後は一位から八位までの正・従合わせて一六階となり、第二次大戦以降は故人にのみ与えられるようになった。

出典:青空文庫