出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]いか・し[ク]
  1. 程度がはなはだしい。大層である。

    1. 「前度 (ぜんど) ―・い世話に成った気で」〈鏡花歌行灯

  1. 大きい。多い。

    1. 「能 (よ) う―・い声を出す方様じゃ」〈露伴・椀久物語〉

  1. 荒々しい。たけだけしい。→厳 (いか) し

    1. 「おそろしげに、―・きものども、ひと山にみちて」〈宇津保・俊蔭〉