出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. だいそれたこと。たいへんなこと。

    1. 「われらの算勘を御存知ない御方は、―を申すと思 (おぼ) しめさうずるが」〈虎明狂・賽の目〉

  1. (副詞的に用いて)たくさん。

    1. 「―買ったよ」〈滑・浮世風呂・二〉