出典:デジタル大辞泉(小学館)

長野・群馬の県境にある峠。標高2172メートル。横手山(標高2307メートル)の北側を通り、古くは草津峠と呼ばれて物資交流の要路だった。昭和40年(1965)有料の志賀草津道路が開通、平成4年(1992)国道292号に組み込まれた。日本の国道の最高地点にある峠。