出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、検地のとき、屋敷の周囲に一定の余地を与えて、土地面積の測量の対象としなかったこと。四方引き。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉