出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)心から悲しみ嘆くこと。
  • 「下に立つ運命に会える者少なからざるを見て、―に堪えず候」〈蘆花思出の記