出典:デジタル大辞泉(小学館)

《近世は「しほうばい」とも》1月1日の早朝に行われる皇室祭祀 (さいし) 。天皇が清涼殿の東庭に出て、属星 (ぞくしょう) ・天地四方・山陵を拝し、五穀豊穣・天下太平を祈る。明治以降は神嘉殿で、皇大神宮豊受大神宮・四方の神々を拝することに改められた。 新年》「―果ててや木々に風渡る/鳴雪

出典:青空文庫