出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

    1. ㋐水などが染み込んだ布などを強くねじって、水分を出す。「ぞうきんを―・る」「袖を―・る(=ひどく泣く)」

    2. ㋑強く押して締めつけたり、にぎったりして、そのものに含まれている水分や液を取り出す。「牛乳を―・る」「ぶどうを―・る」

    1. ㋐簡単には出てこないものを努力して、また無理に出そうとする。「声を―・って応援する」「ない知恵を―・る」

    2. ㋑無理に出させて取る。むごく取り立てる。しぼりとる。「膏血 (こうけつ) を―・る」

  1. (「油をしぼる」の略)ひどく責めたりしかったりする。厳しく鍛える。「こってり―・られる」「猛練習で徹底的に―・られた」

  1. (絞る)広がった状態のものを小さくする。

    1. ㋐すぼめたり、くくって縮めたり、押し縮めて片寄せたりして、まとめる。「傘を―・る」「袋の口を―・る」「幕を―・る」

    2. ㋑範囲を狭める。整理して、取り上げる範囲をごく小さく限定する。「捜査の網が―・られる」「問題点を―・る」「的を―・る」

  1. (絞る)

    1. ㋐カメラのレンズの絞りを小さくする。

    2. ㋑ラジオなどの音量を小さくする。「ボリュームを―・る」

  1. (絞る)弓を、力いっぱい十分に張る。引きしぼる。「弓を―・る」

  1. (絞る)相撲で、自分の腋 (わき) に相手の腕を挟み、相手の重心を浮かせるようにして締めつける。「差し手を―・る」

  1. (絞る)絞り染めにする。

[可能]しぼれる

出典:青空文庫

出典:gooニュース