出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 企業会計で、損益発生以外の原因によって純資産の増減をもたらす取引。

  1. 国際間の取引のうち、直接投資・延払信用・貿易信用・借款・証券投資など対外資産・負債の増減をもたらす取引。