しまだ【島田】 の意味

  • 名詞

しまだ【島田】の慣用句

  1. しまだかずお【島田一男】
    • [1907~1996]推理作家。京都の生まれ。満州日報の記者を経て、戦後作家活動に入る。新聞記者を主人公にした作品を多く書き、NHKテレビドラマ「事件記者」の原作・脚本を担当。他に「古墳殺人事件」「社会部記者」など。
  1. しまださぶろう【島田三郎】
    • [1852~1923]ジャーナリスト・政治家。静岡の生まれ。横浜毎日新聞主筆。のち官界に入ったが下野。明治15年(1882)立憲改進党の創立に参加。以後、衆議院議員。雄弁家として知られ、ジーメンス事件暴露などの議会演説は有名。
  1. しまだせいじろう【島田清次郎】
    • [1899~1930]小説家。石川の生まれ。大正8年(1919)に刊行した長編小説「地上」がベストセラーとなったが、精神を病み療養中に病死した。
  1. しまだぜんすけ【島田善介】
    • [1888~1955]野球選手・指導者。栃木の生まれ。旧名、福田子之助。慶大の捕手として活躍し、明治44年(1911)米国遠征に参加。大正11年(1922)三田倶楽部(クラブ)の一員として米国メジャーリーグ選抜チームを初めて破る。のち日本学生野球協会副会長を務めるなど、学生野球の発展に尽力。
  1. しまだばんこん【島田蕃根】
  1. しまだまさひこ【島田雅彦】
  1. しまだようこ【島田陽子】