出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 染みる」に同じ。「寒さが身に―・む」

    1. 「花の香は散りにし枝にとまらねどうつらむ袖にあさく―・まめや」〈・梅枝〉

    2. 「吹きくる風も身に―・まず」〈平家・五〉
  1. 色などに染まる。

    1. 「蓮葉 (はちすば) のにごりに―・まぬ心もてなにかは露を玉とあざむく」〈古今・夏〉

  1. 深く心を寄せる。

    1. 「我心ながら、いとかく人に―・む事はなきを」〈・夕顔〉

[動マ上二]し(染)みる」の文語形。
[動マ下二]し(染)める」の文語形。