出典:デジタル大辞泉(小学館)

神を祭る神聖な場所を他の場所と区別するために張る縄。また、新年の祝いなどのために家の入り口に張って悪気が家内に入らないようにしたもの。左捻 (よ) りのわらに適当な間隔を置いて紙四手 (かみしで) などを下げる。しめ。しりくめなわ。→四手 (しで) 

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉