出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ひと続きのものの末。また、いくつかに区別したものの終わりの部分。

    1. ㋐川の下流。また、その流域。川下。「下へ漕ぎ下る」「下で釣る」⇔上 (かみ) 

    2. ㋑時間的にあとと考えられるほう。現在に近いほう。後世。「上は太古の昔から下は現在ただ今まで」⇔上 (かみ) 

    3. ㋒ある期間を二つに分けた場合のあとのほう。「下の半期」⇔上 (かみ) 

    4. ㋓月の下旬。「寄席の下に出演する」

    5. ㋔物事の終わりの部分。末の部分。「詳しくは下に記す」「下二桁 (けた) は切り捨て」「下の巻」⇔上 (かみ) 

    6. ㋕和歌の後半の2句。「下の句」⇔上 (かみ) 

  1. 位置の低い所。また、低いと考えられる所。

    1. ㋐下方に位置する所。下部。「下の田に水を落とす」⇔上 (かみ) 

      「外 (と) のかたを見いだしたれば、堂は高くて―は谷と見えたり」〈かげろふ・中〉

    2. ㋑からだの腰から下の部分。また、特に陰部や尻をさすことが多く、それを話題にする下品さや、大小便に関する事柄をもいう。「下の病気」「話が下へ下る」「下の世話をする」「下半身」⇔上 (かみ) 

    3. ㋒下位の座席。下座。末座。末席。「幹事役が下に控える」⇔上 (かみ) 

    4. ㋓客間・座敷などに対して、台所・勝手などをさす語。⇔上 (かみ) 

    5. ㋔舞台の、客席から見て左のほう。下手 (しもて) 。「斬られた役者が下に引っ込む」⇔上 (かみ) 

  1. 地位・身分の低い人。君主に対して、臣下・人民。雇い主に対して、使用人・召し使い。「下の者をいたわる」

    1. 「夫を待 (あつか) う塩梅 (あんばい) 、他 (ひと) に対するから―に臨む調子」〈紅葉多情多恨

    2. 「上 (かみ) は―に助けられ、―は上になびきて」〈・帚木〉
  1. 中心から離れた地。

    1. ㋐都から離れた地。特に、京都から離れた地方。⇔上 (かみ) 

    2. ㋑京都で、御所から離れた南の方角・地域。転じて一般に、南の方の意で地名などに用いる。「寺町通りの下にある家」「下京 (しもぎょう) 」⇔上 (かみ) 

    3. ㋒他の地域で、より京都に遠いほう。昔の国名などで、ある国を二分したとき、都から見て遠いほう。「下関 (しものせき) 」「下つふさ(=下総 (しもうさ) )」⇔上 (かみ) 

    4. ㋓京都から見て、中国・四国・九州などの西国地方。特に、キリシタン関係書では九州をさす。

  1. 格や価値が劣っているほう。

    1. 「上 (かみ) 中 (なか) ―の人」〈土佐

    1. ㋐宮中や貴人の家で、女房が詰めている局 (つぼね) 。

      「腹を病みて、いとわりなければ、―に侍りつるを」〈・空蝉〉

    2. ㋑《下半身につけるところから》袴 (はかま) 。

      「―ばかり着せてやらう」〈虎明狂・二人袴

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉