出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《副助詞「し」+係助詞「も」》名詞、副詞、活用語の連用形および連体形、助詞などに付く。
  1. 上の語を特に取り立てて強調する意を表す。それこそ…も。…もまあ。「だれしもが勝利を信じた」

  1. (打消しの語を伴って)

    1. ㋐打ち消しの意を強める。…も。

      「いとかう―見えじとおぼししづむれど」〈・桐壺〉

    2. ㋑部分的に強く打ち消そうとする意を表す。必ずしも。あながち…も。「望みなきにしもあらず」

      「死は前より―来たらず、かねて後ろにせまれり」〈徒然・一五五〉

[補説]「おりしも」「まだしも」「かならずしも」などは一語の副詞として扱われる。