しも‐つ‐やみ【下つ闇】 の意味

  1. 陰暦で、月の下旬の夜の闇。くだりやみ。
    • 「ともしする火串 (ほぐし) の松も燃えつきて帰るに迷ふ―かな」〈千載・夏〉
  • 名詞