いか‐な【如何な】 の意味

  1. 《「いかなる」の音変化》
  1. [連体]
  1. どんな。どのような。「如何な名人でも簡単にはできまい」
  1. さすがの。
  1. [副](あとに打消しの語を伴って)どうしても。いっかな。
    • 「中の節が障 (つか) えて…、―上へは動 (ゆる) ぎもせぬ」〈紅葉多情多恨

いか‐な【如何な】の慣用句

  1. いかないかな【如何な如何な】
    • [連語]
    • (あとに打消しの語を伴い副詞的に用いて)強く否定する気持ちを表す。どうしてどうして。
      「いづくいづ方へ持って参っても、―ゆっすりとも致す事ではおりない」〈鷺流狂・末広がり
    • 相手の発言などを強く否定するときに用いる語。いやいや。
      「―、番に番厳しく、あたりへ参ることかなはず」〈浄・孕常盤
  1. いかなこと【如何な事】
    • [連語]
    • (感動詞的に用いて)驚きの気持ちを表す。どうしたこと。何としたこと。「これは如何な事」
    • (あとに打消しの語を伴い副詞的に用いて)強く否定する気持ちを表す。どうしても。
      「―幕府を佐(たす)けなければならぬとか云うような事を考えたことがない」〈福沢福翁自伝