出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「いかなる」の音変化》

[連体]
  1. どんな。どのような。「如何な名人でも簡単にはできまい」

  1. さすがの。

    1. 「―先生も年には勝てない」〈藤村夜明け前

[副](あとに打消しの語を伴って)どうしても。いっかな。
    1. 「中の節が障 (つか) えて…、―上へは動 (ゆる) ぎもせぬ」〈紅葉多情多恨