出典:デジタル大辞泉(小学館)

指をいろいろな形に組み合わせて、文字の代わりにする符号。昔は寺院の儀式に使ったが、現在は聾唖 (ろうあ) 者の会話などに使用。