出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鍛冶 (かじ) で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。

  1. 相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。

    1. 「聞く人なげに遠慮なき高声、福も―例の調子に」〈一葉・われから〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫