出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ変]《「いかにあり」から》
  1. どのようだ。どんなだ。

    1. 「かかる人々のすゑずゑ―・りけむ」〈・末摘花〉

  1. どういうわけだ。どうしてだ。

    1. 「女君も―・るらむとおぼす」〈落窪・一〉

  1. 反語の意を表す。どうなることか、いや、どうにもならない。

    1. 「今日だに云ひがたし。まして後には―・らん」〈土佐

[補説]「いか」を語幹とする形容動詞とする説もある。