出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]《「では」の音変化》
  1. 前の事柄を受けて、あとの事柄が起こることを示す。それならば。じゃあ。「『私は行かない』『じゃ、僕が行こう』」

  1. 前の事柄と関係なく言葉を続けたり、話題を変えたりするときに用いる。それでは。じゃあ。「じゃ、失礼します」

[補説]「では」よりはくだけた場面に使われる。