出典:デジタル大辞泉(小学館)

東洋画で、外形を写すことを主とせず、画家の精神または対象の本質を表現すること。→形似 (けいじ)