出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Jaina, Jinaは勝者の意》インドの宗教の一。開祖は、前6世紀ごろ、ほぼ釈迦 (しゃか) と同時代のマハービーラベーダ聖典の権威を否定し、無神論で、アヒンサー(不殺生)をはじめとする禁戒・苦行の実践を説く。3世紀ごろ、白衣派と裸行派に分裂。商業者に信者が多い。耆那 (ジナ) 教。