出典:デジタル大辞泉(小学館)

物質的生産力の一定の発展段階に照応する生産関係の総体と、これを土台とする社会の上部構造を総括的に把握する概念。史的唯物論の立場から社会発展の歴史的段階として、原始共同体・奴隷制社会・封建制社会・資本主義社会・共産主義社会の五つの構成体に区分される。経済的社会構成体。