出典:デジタル大辞泉(小学館)

社会的・政治的問題を取り上げ、その矛盾や暗黒面を描いた小説。日本では、明治30年代前半に発表された内田魯庵 (うちだろあん) の「くれの廿八日」「社会百面相」など。