出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]心がひねくれて、すなおでないこと。不正・不道徳であること。また、そのさま。よこしま。
  • 「端正なると、―なると、公平なると、自ら私すると」〈中村訳・西国立志編

出典:青空文庫